国際有機農業映画際

2018年11月18日(日)法政大学市ヶ谷キャンパス富士見ゲート棟G201教室

MENU
HOME
映画祭について
開催概要
上映スケジュール
作品紹介
チケット
アクセス
過去の映画祭

アラヤシキの住人たち

2015年 暮らし

アラヤシキの住人たち

のっけからみんなバラバラ。自分のリズムでラジオ体操をしている人たち。冬の間、里に降りていたヤギとともに、1年を一緒に過ごす学生が上がってくる。春が里から上がってくる。車の通らない道を上がってくる。

「カン、カン、カン」板木が鳴る。この音で一日が回る。季節も巡る。田植えをして稲刈りをして……、ヤギが子を孕む。雪が降りはじめれば、百葉箱がかさ上げされる。そういえば、住人の出産や結婚式もあった。

長い人では35年も暮らしている一方、風に寄せられては散っていく人たち。ふらりと戻ってきた人がいる。受け入れるか否か話し合いは続く。「いいじゃない、仕事助かるし」の一言がみんなを救う。一瞬、時間を止めることの出来る人さえいる。

信州小谷村の片隅、大きな屋根のアラヤシキ(新屋敷)、共働学舎と呼ばれる空間に住む人びとの物語がはじまる。