国際有機農業映画際

MENU
HOME
映画祭について
開催概要
上映スケジュール
作品紹介
チケット
アクセス
過去の映画祭
2021_HPバナー グリホサートと私 津南高原生産者組合と辻堂団地食品の会・記録 明日をへぐる 壊れゆく森から持続する森へ

上映中

14:15~

ホタルに恋して

台湾の棚田。田んぼが消えていけばミズホタルも消えざるを得ない。繊細なホタルは人間のちょっとした動静を感じ取る。美しい台湾の農村にも自然破壊の波は打ち寄せている。

詳細を見る

次の上映

16:30~

ホタルに恋して

台湾の棚田。田んぼが消えていけばミズホタルも消えざるを得ない。繊細なホタルは人間のちょっとした動静を感じ取る。美しい台湾の農村にも自然破壊の波は打ち寄せている。

詳細を見る

NEWS

貧困と昆虫(2021年/日本/15分)

  • 上映: ~

インドネシアのスラウェシ島には「蝶の谷」と呼ばれる野生の昆虫が豊富な一帯がある。しかし、観光課が進むにつれて、土産物として大型の希少なチョウが採取されて激減しているという。一時の日本のクワガタブームに、大型クワガタが輸出されてきた。現金収入に乏しい地域には、この昆虫ブームで生計を立てる人もいるという。無定見な採集は環境悪化を招く。その一方でそうせざるを得ない現実もある。先進国のブームに翻弄される人々を描く。

グリホサートと私(2021年/フランス/52分)

  • 上映: ~

パリ南部の穀倉地帯では、収穫前の小麦に除草剤グリホサートを散布して一斉にカラス農法が行われている。子供が生まれたヴェロンさんは、なぜグリホサートをつかうのか、依存しないのうほうはないか、周囲の農家の本音を取材する。一部の農家は使用しないように動き始め、有機農業を選択する若者も出てきている。規制が強化され、使用禁止の可能性も出てきている欧州。ドイツは2023年で禁止とされようとしている。農薬禁止に動いているフランスのグリホサートの収穫前散布の実情と農家の本音を描く。