国際有機農業映画際

2015年12月20日(日) 武蔵大学 江古田キャンパス〔B1〕1002シアター教室

MENU
HOME
映画祭について
開催概要
上映スケジュール
作品紹介
チケット
アクセス
過去の映画祭
国際有機農業映画祭2015 アラヤシキの住人たち 農薬禍 偽善の米 都市を耕す

上映中

14:15~

ホタルに恋して

台湾の棚田。田んぼが消えていけばミズホタルも消えざるを得ない。繊細なホタルは人間のちょっとした動静を感じ取る。美しい台湾の農村にも自然破壊の波は打ち寄せている。

詳細を見る

次の上映

16:30~

ホタルに恋して

台湾の棚田。田んぼが消えていけばミズホタルも消えざるを得ない。繊細なホタルは人間のちょっとした動静を感じ取る。美しい台湾の農村にも自然破壊の波は打ち寄せている。

詳細を見る

NEWS

都市を耕す
 ―エディブル・シティ(2014年/米国/56分)

  • 上映:12月20日 13:10~

現代の理不尽な食システムをひっくり返そうと立ち上がった人々。市民は都市農民となり、空き地を畑に変え、都会で自給する先端的な生き方を選んだ。場所はサンフランシスコ・ベイエリア。草の根の卓越した市民の力が巻き起こす食革命への挑戦は、地産地消の田舎の風景を都市に創造していく。

種をつぐ人びと(2014年/米国/82分)

  • 上映:12月20日 10:00~

この100年で90%の在来種が絶滅したという。種の多くは遺伝子組換え種子や一代雑種(F1)になり、大量生産に向かない在来種をつなぐ人たちが減ったからだ。今や種は巨大企業に独占され、農家が自由に種を採り、蒔くことはできない。種は誰のものか。この問題に立ち向かい、在来種を広げる取り組みを描く。