国際有機農業映画際

2018年11月18日(日)法政大学市ヶ谷キャンパス富士見ゲート棟G201教室

MENU
HOME
映画祭について
開催概要
上映スケジュール
作品紹介
チケット
アクセス
過去の映画祭

コメこそアジアのいのち

2009年 初上映 貸出 反グローバリゼーション 種子 農民運動 遺伝子組み換え
  • 2007年/マレーシア/52分
  • 英語・英語字幕・日本語字幕
  • 原題:Rice; The Life of Asia
  • 制作:Pesticide Action Network Asia and the Pacific (PAN)

2009年上映『コメこそアジアのいのち』


 タイ、フィリピン、インドネシア、インド、バングラデシュなど、米を主食とするアジアの各地で行なわれている様々な形の米にまつわる「祭礼」の様子を通して、稲作がいかに人々の生活、歴史、文化、環境と深く結びついたものとなっているかを描いている。後半では、その人々の命の糧である米が、WTOのもとで、多国籍企業や、国家の小農民を無視した農業政策によって、人々の稲作、ひいては人々の生活に大きな脅威となっている状況を、「高収穫米」の導入や農地の収奪に対する農民たちの抵抗運動の様子や、農民リーダーの証言などを通して描き出している。