国際有機農業映画際

2016年12月18日武蔵大学

MENU
HOME
映画祭について
開催概要
上映スケジュール
作品紹介
チケット
アクセス
過去の映画祭

2014年 映画祭開催情報


国際有機農業映画祭2014 経済成長の真っ只中の70年代初頭、
日本の有機農業運動は誕生しました。
大きさと便利さを競いあう時代でした。
自然と向き合う生業だったはずの農業も、
例外ではありませんでした。
規模拡大と生産性の向上が
侵すことのできない神話となり、
大量の合成化学物質が自然界にばらまかれ、
いのちを内側から食い散らしていました。
有機農業運動はそうした時代の神話への抵抗でした。
全国各地の田んぼで畑で、
さまざまの試みが積み上げられました。
虫にやられ、病気にやられ、ときにあざけられ、
そんな試行錯誤のなかから
“もうひとつの農業”が創られたのです。
いま、もうひとつの神話が
地球上を駆けめぐっています。 “世界が市場だ、そこで勝ち抜け”。
そのために有機農業を含む小さい農業、
百姓の農業は邪魔ものとして
淘汰の対象になっています。
いまこそ有機農業の原点ともいえる“抗いと創造”を
取り戻したい、そんな思いを込めて
運営委員一同、2014年国際有機農業映画祭と
取り組んでいます。12月14日、お逢いしましょう。

 

国際有機農業映画祭運営委員会

共同代表  大野和興

 

《2014年上映作品》

『川はだれのものか ― 大川郷に鮭を待つ』
『有機農業が拓く地平 ― インド ティンバクトゥの挑戦』
『土の讃歌』
『小川町のべりカフェ』
『みんな生きなければならない』

 

《トーク》

テーマ「百姓は時代を創る ― 流れに抗って」 



Download

 

会場 武蔵大学 江古田キャンパス〔B1〕1002シアター教室
アクセス 【西武池袋線】 「江古田駅」より徒歩7分
【西武池袋線】 「桜台駅」より徒歩8分
【都営大江戸線】 「新江古田駅」より徒歩9分
【東京メトロ副都心線】 「新桜台駅」より徒歩7分
【東京メトロ有楽町線】 「新桜台駅」より徒歩7分
【バス】 中野駅より関東バス江古田駅行 約30分
 「江古田駅」下車徒歩5分
【バス】 高円寺駅より関東バス・国際興業バス赤羽駅行 約20分
 「豊玉北」下車徒歩5分
【バス】 目白駅より都営バス練馬車庫行 約30分
 「武蔵大学前」下車徒歩0分
開催日時 12月14日(日)10:00〜19:00
参加費 一般:前売 1,500円・当日 2,000円
25歳以下:前売 500円・当日 1,000円(要証明書提示)

※前売り券の申込期限は11月30日です。お申し込み後、参加費の振込先をご案内しますので12月5日までにお振込下さい。
チケットのお申し込みは10月7日よりお受けいたします。
チケットのお申し込みページはこちら>>

※再入場自由です。再入場の際は、入場時にお渡しする半券をご提示ください。
※チケットをお渡し後、紛失されても再発行はいたしませんので、半券をなくさないようにご注意下さい。
協力 NPO法人アジア太平洋資料センターNPO法人日本有機農業研究会
東京ピースフィルム倶楽部
協賛 アジア農民交流センター NPO法人 APLA
遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン、小川町まいっか農園 田んぼ部
オルタートレードジャパン有限会社 古代米浦部農園
有限会社 コモンズ NPO法人 秀明自然農法ネットワーク
地球的課題の実験村 日本国際ボランティアセンター
日本消費者連盟 二本松有機農業研究会
農民運動全国連合会 青年部 パルシステム生活協同組合連合会
NPO法人 パルシック 福島「農と食」再生ネット