国際有機農業映画際

MENU
HOME
映画祭について
開催概要
上映スケジュール
作品紹介
チケット
アクセス
過去の映画祭

国際有機農業映画祭オンライン上映会  

 期間:2月18日(金)~2月23日(水)

昨年に引き続き、covid-19コロナ株種増による感染の状況が見えない中、もう1度、上映会を、オンラインでネット配信による視聴と決めました。上映作品決定し、オンラインでの映画祭の準備を進めています。

映画祭では、毎年、上映作品が決まった段階で、今年のテーマは何かを時間をかけて、決定しています。今年は、[つなぐ・つなげる]と決定。有機農業映画祭を通してつながる、その中の有機的な生き方を通じ、多様なつながりを持つ=つなげる、問題解決を多様な関わりの中で進めることを目指す。そういった希望を込めたテーマです。

1日上映の雰囲気を味わっていただきたく、当日のスケジュール表で、作品、解説を用意し取り組む予定です。(現在、解説の準備中)作品のみ、解説と作品をセットでと等、視聴期間内、お楽しみ下さい。(昨年は、解説が勉強になり、何度も見ましたとの多数感想をいただきました。会場1回での上映会では、実現しなかったことでした。今後は、終了後も、繰り返しの視聴が可能となる取り組みを、現在も試みていますが、継続する方向です。

※今年2021年2月、長年、生産者と消費者の提携を先駆け、築いてこられた農薬や化学肥料に頼らない有機農業ので自立した生活、事業となる“津南高原農産(有)を立ち上げてこられた、鶴巻義夫さんが亡くなられました。昨年は、有機農業を海外でも伝えてこられた稲葉光圀さんの追悼として、国際有機農業映画祭2016の10周年記念シンポジウムの講演映像を見ていただきました。今年は、2月逝去された若き日の鶴巻さんにお会いしていただく映像を用意しました。有機生産者が消費者と提携を創出する貴重な映像です。

以下、仮のラインナップです。(会場上映ならこういった映画祭)

 

10:00   開場
10:30

大平農園405年目つなぐ (77分)

後解説 森信潤子監督(15分)

12:02

 昼食(63分)
13:05

津南高原生産組合と辻堂団地食品の会・記録 (57分)                                                         鶴巻義夫さん追悼

後解説 交渉中(15分)

14:17

明日をへぐる(73分)

後解説 今井友樹監督(15分)

15:30

壊れゆく森から持続する森へ    (39分)

後解説 上垣喜寛理事   (15分)

   (NPO法人自伐型林業推進協議会理事)

16:24  休憩(16分)
16:40

グリホサートと私(53分) 本邦初公開

前解説 八田澄人(15分)

   (農民連食品分析センター代表)

17:48  休憩(17分)

18:05

 

貧困と昆虫(15分) 初公開

解説 白木邦治・田所順子 制作 (10分)

18:30  閉会